有料動画配信「戦国時代」に オリジナルやライブ競う

 定額やレンタルで映画やドラマを見ることができるインターネット動画配信サービスが、群雄割拠の様相を呈している。高速大容量の第5世代(5G)移動通信システム時代を見据え、一層の市場拡大が予想される中、今月には米アップルが新たに参入し、競争がさらに激化。各事業者はオリジナル作品を制作するなど顧客の取り込みを図っているが、寡占化が進んだ場合に起こりうる文化的問題を指摘する声もある。(森本昌彦)

 「(作品の)権利獲得競争も放送事業者間だけでなく、配信事業者との競争も厳しい面が出ている」

 WOWOWの田中晃社長は今月7日の定例会見で、こう語った。その言葉通り、有料動画配信市場は活況だ。

 デジタルコンテンツ協会の調査によると、平成30年の動画配信の市場規模は推計2200億円。令和5年には2950億円に成長すると推定されている。

 国内の民放キー局を運営の主体とした動画配信サービスはかつて、テレビ局の放送済みのドラマやバラエティーなど、自社コンテンツを有料で配信することが多かった。見逃した番組の配信も加わる。家族が一緒に決まった時間にテレビを見る習慣が薄れ、スマートフォンなどのモバイル端末の発達で、いつでも好きな時に視聴するライフスタイルが急速に普及した。こうした背景もあり、動画配信サービスは若い世代を中心に一定の支持を得る。

 しかし、平成27年に日本でサービスを始めたアマゾンやネットフリックスなどの海外勢は邦画、洋画、米ドラマなどを幅広く取りそろえ、さらに、豊富な資金力でオリジナル作品の制作にも力を入れた。

 動画配信サービスの会員数は非公開となっているケースが目立つが、ネットフリックスはわずか4年で約300万人を獲得。若年層の嗜好(しこう)がテレビからネットへと移行する中で、動画配信市場はテレビ局など日本の事業者が無視できない存在となっている。

■ライブ、スポーツで

 アップルは今月2日(日本時間)、「Apple TV+(プラス)」を月額600円でサービス開始。従来のサービスではレンタルか購入かで既存作品が見られたが、「+」では見放題の9作品が全てオリジナル。今後も追加される予定だ。

 ネットフリックスは、話題となった「全裸監督」など独自作品の制作に力を入れ、アマゾンもオリジナル作品を量産している。

 日本の事業者が運営するサービスも、こうした“黒船”に対抗する。フジテレビが運営する「FODプレミアム」は、ドラマ「ヤヌスの鏡」などのオリジナルコンテンツを制作。日本テレビ系の「Hulu(フールー)」、TBSホールディングスやテレビ東京ホールディングス、日本経済新聞社などが出資する「Paravi(パラビ)」、NTTドコモなどの「dTV」も独自のドラマ、バラエティー作品などを特色として挙げる。

 また、国内のサービスが力を入れるコンテンツの一つがライブ配信だ。「外資では少ないライブ配信など、いろいろな合わせ技でお客さまを獲得したい」(民放幹部)。ラグビーワールドカップを配信したフールーでは、10月5日の日本対サモア戦がスポーツコンテンツリアルタイム配信で過去最高の視聴者数を記録した。

 「インターネット動画メディア論」の著書がある筑波大の辻泰明教授(映像メディア論)は現在の市場について、「外資、国内事業者とも、動画配信だけで大きな黒字を出している事業者はないと思う。世界的にも群雄割拠の戦国時代に突入している。だが、動画配信は単なる経済上の問題ではない。1つの事業者で市場が独占された場合、自国の個性をどうするのかという議論が世界的には起きている。そうした文化的問題があることも知っておくべきだ」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ