メニューと違いすぎる嬉しい誤算 コメダ珈琲店「安定の写真詐欺」に称賛

 レストランや喫茶店で頼んだ食べ物が、メニューの写真と違いすぎてがっかり…という経験をした人は多いだろう。だが、コメダ珈琲店の「写真詐欺」は逆にたくさんの人を幸せな気分にしているようだ。

 4日、ツイッターに、タマゴサンドとチキンがセットになったコメダ珈琲店の「ミニコメバスケット」の写真が投稿された。メニューと違いすぎるのではないか、とのコメントが添えられていたが、投稿者の意図はクレームではなく称賛。メニューでは一般的なボリュームのサンドイッチだったが、実物はパンの間から具がはみ出るほどたっぷり入っていたためだ。

 この投稿が拡散されると「かき氷もでかい」「カツカリーパンで胃袋破裂した」「そもそも量が多い、コメダのミニはミニじゃない」などの体験談と写真の投稿が相次ぎ、5日午前までに「安定の写真詐欺」「コメダ珈琲店」がツイッターのトレンドに入った。「これは酷い詐欺。俺も行かないと」などと愛のある悪ノリもあったようだ。また、デニッシュパンにソフトクリームをのせた名物「シロノワール」を頼んだら想像以上に大きくて驚いた、と振り返る人もいた。

 コメダ珈琲店は6月、進出していなかった青森県に出店し47都道府県への店舗配置を完了した。すべての店で「写真詐欺」を体感できるかは不明だが、8月末時点での店舗数は849。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ