FOMA、iモード終了へ ネットは「青春がよみがえる」「広末涼子、可愛すぎ」

 NTTドコモは29日、契約数の減少などを理由に第3世代移動通信サービス(3G)の「FOMA(フォーマ)」と携帯電話向けサービス「iモード」を2026年3月31日に終了すると発表した。フィーチャーフォンの他、一部のスマートフォンにも影響が出る。

 FOMAは2001年10月、世界に先駆けて開始された第3世代移動通信サービス。2011年には約5700万契約を突破した。01年当時の通信速度は384kbps(1秒間に384キロバイト)で、動画やゲームなどのコンテンツが広まるのに一役買った。なお、現在の同社が提供するスマートフォン通信プラン「ギガホ」の契約では、低速通信時の速度が約3倍にあたる1Mbps(同1メガバイト)。

 iモードは1999年2月にサービスを開始。従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」でインターネット、電子メール、ゲームアプリなどを利用できた。10年7月には約4900万契約を突破。どちらも9月30日に新規受付を終了している。

 ツイッターでは、多くのネットユーザーたちが「FOMAとiモードなんて言葉だけで青春が蘇るよね」「1つの時代が終わる」とコメントを投稿した。また、iモードのテレビCMシリーズに出演していた女優の広末涼子さんを動画で振り返り「広末涼子無双 可愛すぎる」とつぶやく人もいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ