ビットコイン価格急落 グーグル発表で衝撃 暗号資産の安全性に疑義

 暗号資産(仮想通貨)の代表格「ビットコイン」の価格が急落し、約5カ月ぶりの安値圏となっている。米グーグルが次世代の超高速計算機と期待される量子コンピューターの性能について、スーパーコンピューターより速く計算できることを証明したと発表し、衝撃が広がった。暗号資産の基盤技術の安全性が疑問視されているためだ。

 暗号資産の交換業者「bitFlyer」(ビットフライヤー)によると、グーグル公表前の23日夕には1ビットコイン=86万円台だったが、24日には80万~81万円台に下落。25日も同水準で取引された。

 暗号資産は、複数のコンピューターで取引を監視する「ブロックチェーン(BC)」で管理されている。暗号技術によりシステム障害やデータ改(かい)竄(ざん)が起こりにくいのがBCの特長だが、グーグルの発表で疑いの目が向けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ