台風19号 スバル製作所が操業再開 取引先被害

 SUBARU(スバル)は25日午前、台風19号の影響で16日から停止していた群馬製作所(群馬県太田市)の操業を再開したと明らかにした。

 取引先の浸水被害で部品調達に支障が生じ、米国拠点向けのエンジンなど一部を除き生産を止めていた。操業停止による業績への影響は精査中。

 群馬製作所は、1日平均約2500台を生産する同社の国内唯一の完成車工場。被災した取引先が他にもあるため、生産ペースについては「部品の供給状況を見ながら対応していく」という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ