関電問題への発言注目 電事連新会長、18日会見 

 大手電力会社でつくる電気事業連合会は11日、関西電力の岩根茂樹社長の後任となる新会長が、18日に記者会見を開くと発表した。新会長には6月に会長職を退いた中部電力の勝野哲社長が再登板する見通し。関電役員らによる金品受領問題への見解や、業界全体の信頼回復に向けた取り組みに注目が集まりそうだ。

 電事連は18日、記者会見に先立って大手電力社長で構成する「総合政策委員会」を開き、新会長を互選で正式決定する。

 岩根氏は、自身を含む関電役員らの不祥事により業界全体に不信感を生んだ責任を取って、9日付で会長職を辞任した。18日の会見には岩根氏は出席しない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ