農産物輸出促進へ新法決定 司令塔設置、来年4月施行

 政府は11日の閣議で、農林水産物や食品の輸出促進に向けた新法案を決定した。輸出拡大の司令塔となる「農林水産物・食品輸出本部」を農林水産省に設置することが柱。開会中の臨時国会で成立させ、来年4月の施行を目指す。

 農水相が本部長を務め、総務相、外相、厚生労働相ら関係閣僚がメンバーとなる。食品安全規制を巡る各国との交渉や食品衛生の審査など、各省庁にまたがっていた業務を一元化する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ