勇気ある経営大賞顕彰式 東鋼の寺島社長「挑戦を続ける」

 厳しい経営環境の中で勇気ある挑戦をしている中小企業またはグループを顕彰する「第17回勇気ある経営大賞」(主催・東京商工会議所、協力・フジサンケイ ビジネスアイ)の顕彰式が10日、東京都千代田区の東京會舘で開かれ、大賞に選ばれた東鋼(東京都文京区)に、東京商工会議所の三村明夫会頭から表彰状やトロフィーが贈られた。

 顧客の課題に向き合うことで自社技術を高め、売り上げの7割を占める自動車分野から脱却すべく、航空機産業や医療産業へと新たな分野への参入を果たし業績を向上させたことが評価された。寺島誠人社長は「経営者はみんな何かに挑戦している。今後もこの賞に恥じないよう、挑戦を続けていく」と抱負を語った。

 今回の勇気ある経営大賞は118社の応募があり、大賞のほか優秀賞2社、特別賞1社、奨励賞13社が選ばれた。選考委員長を務めた国際大の伊丹敬之学長は「受賞企業はみな途中で大きな挫折を経験しつつも乗り越えている。なみなみならぬ経営努力を感じた」と講評した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ