ミニストップ 消費税切り替え直後にレジトラブル

 コンビニエンスストア大手のミニストップは1日、消費税率引き上げと軽減税率の導入に関連し、同日午前0~3時にかけての販売で、レシート表示や税率計算などで間違いがあったと発表した。発生件数など詳細を調査中だが、税率変更に伴い更新したシステムに起因するとみられる。

 同社によると、トラブルはレシート表示と課税処理の2種類あった。レシート表示では、課税税率8%の商品で、課税は正しく行ったが「内税」などと実際と異なる表示になっていた。

 課税処理では、10%の税率を掛けるべき商品に対して8%を適用した上でレシート表示は「内税10%」となったり、値引き対象商品について、課税前の価格から値引きすべきところを課税後に値引き処理をしたことで、1円以上多く請求したりしたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ