消費税10%「全世代型社会保障改革の大きな第一歩」 西村経済再生相、経済運営には「万全期す」

 西村康稔経済再生担当相は1日の閣議後の記者会見で、今回の消費税増税について「安倍(晋三)内閣が進める全世代型社会保障改革、だれもが安心していただける制度構築に向けての大きな第一歩だ」と意義付けを述べた。日本経済が増税に耐えられるかが試されるが、「経済の実態をきめ細かく確認しながら、内外のリスクの顕在化に備えた万全の経済財政運営を行っていきたい」と語った。

 日本銀行が同日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の最近の景況感を示す業況判断指数(DI)が3四半期連続で悪化。西村氏は「まだプラスを維持している」とし、「海外発の下方リスクにも十分留意しながら、特に消費税率引き上げ後の経済運営に万全を期していきたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ