消費税10% 全国の鉄道3社、バス9社でトラブル 国交相「適切対応を指示」

 赤羽一嘉国土交通相は1日の閣議後記者会見で、同日の消費税増税に伴い鉄道やバス運営で発生した運賃改定に関するトラブルについて報告を受けたと述べた。全国の鉄道3社の駅で、券売機などの不具合があったほか、全国のバス会社9社で誤った運賃を収受するトラブルがあったが、現在は復旧しているという。

 国交省によると、鉄道では、大阪メトロ、名古屋鉄道、京成電鉄の3社で、一部の駅の券売機から発券できないなどの不具合が起きた。また、東京、千葉、神奈川、京都など全国のバス会社計9社でも、10月から適用されるはずの消費税率10%分の新たな運賃を9月末までに誤って収受したトラブルがあった。

 赤羽氏は「利用者への返金対応について、適切に対応するよう指示した」と言及した。

 このほか、タクシーや航空、旅客船、高速道路料金について、現時点で特にトラブルは確認されていないという。同氏は「今後とも消費税率引き上げ後の状況を注視していきたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ