日韓経済人会議、24・25日ソウルで開催 関係改善探る

 日韓の財界人が集まる日韓経済人会議が24、25日、韓国のソウルで開かれる。いわゆる徴用工訴訟の問題や日本政府による輸出管理の厳格化などで両国の関係が一段と悪化する中、25日に共同声明を採択し、経済界として関係改善へのメッセージを打ち出せるかが注目される。

 日本側からは日韓経済協会の佐々木幹夫会長(三菱商事特別顧問)、古賀信行副会長(野村ホールディングス会長)らが出席。韓国側からは韓日経済協会の金●(=金へんに允)会長らが参加する。

 日韓経済人会議は昭和44年から毎年、両国で相互に開催し、過去に日韓関係が悪化した時期にも休まず続けられてきた。しかし51回目の今年は、いわゆる徴用工訴訟による関係悪化で当初予定していた5月の開催が延期され、7月末になって9月開催が決まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ