「iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max」は何が変わった? XR/XS/XS Maxとの比較まとめ

 3眼カメラになった「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」

 iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxは、前モデルのXSとXS Maxの筐体サイズにiPhone 11のスペックを載せ、カメラを3眼化したものと考えると分かりやすい。

 iPhone 11 Proの本体サイズは144(高さ)×71.4(幅)×8.1(厚さ)ミリで重量は188グラム。iPhone 11 Pro Maxの本体サイズは158(高さ)×77.8(幅)×8.1(厚さ)ミリで重量は226グラム。

 いずれも、前モデルから数ミリ程度大きくなり、10~20グラム程度重くなっている。

 11 Proは5.8インチ(2436×1125ピクセル、458ppi)、11 Pro Maxは6.5インチ(2688×1242ピクセル、458ppi)の有機ELディスプレイを搭載する。これはそれぞれの前モデルと変わらない。

iPhone 11 Pro/11 Pro MaxとXS/XS Maxの比較表 【訂正:XS/XS Maxのカラーを修正しました】

iPhone 11 Pro/11 Pro MaxとXS/XS Maxの比較表 【訂正:XS/XS Maxのカラーを修正しました】

 大きく変わったのは、トリプルレンズになったアウトカメラだ。従来の広角(26mm F1.8)+望遠(52mm F2.0)の2眼に、iPhone 11で加わった超広角レンズ(13mm F2.4)を備える。いずれもイメージセンサーは1200万画素。光学式手ブレ補正は広角と望遠で対応し、超広角では対応しない。

トリプルレンズのスペック

トリプルレンズのスペック

 その他の撮影性能はiPhone 11と基本的に同じだ。インカメラのTrueDepthカメラも1200万画素で同様。チップセットもA13 Bionicで変わらない。

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxでできること

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxでできること

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ