「iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max」は何が変わった? XR/XS/XS Maxとの比較まとめ

 米Appleは9月10日(米国時間)、iPhoneの新モデル「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」を発表した。日本などで13日から予約を受け付け、20日に発売する。それぞれ、2018年発売の前モデル「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」の後継機種という位置づけだ。前モデルと比べながら、新機能や注目ポイントを紹介していく。

新モデル「iPhone 11 Pro」

新モデル「iPhone 11 Pro」

 ストレージラインアップは変わらず 価格は5000~1万円値下げ

 新モデルのストレージラインアップはiPhone 11が64GB、128GB、256GBで、iPhone 11 Proと11 Pro Maxが64GB、256GB、512GB。つまり前モデルと変わらない。

 価格はiPhone 11の64GBモデルが7万4800円(税別、以下同様)で、iPhone 11 Proの64GBモデルが10万6800円、iPhone 11 Pro Maxの64GBモデルが11万9800円。

新iPhoneのストレージ別の価格一覧

新iPhoneのストレージ別の価格一覧

 各モデルとも、18年当時の前モデルのラインアップに比べて5000~1万円程度値下がりしている。

去年発表時の各モデルの価格

去年発表時の各モデルの価格

 iPhone 11などの発表後、AppleオンラインストアからiPhone XS/XS Maxは注文できなくなった。iPhone XRは256GBモデルがディスコンとなり、64GBモデルが6万4800円、128GBモデルが6万9800円に値下げされている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ