5Gでeスポーツ大会 東京ゲームショウ開幕

 世界最大級のゲームの展示会「東京ゲームショウ2019」が12日、千葉市の幕張メッセで開幕する。国内外から600社以上が出展。高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに対応したスマートフォンを使い、ゲームの腕前を競う「eスポーツ」が注目されそうだ。

 初日は、韓国で12月に開かれるeスポーツの国際大会に向けて、サッカーゲームの日本代表を選出するイベントを開く。NTTドコモはブースに5Gの通信環境を初めて導入し、数十人が同時に対戦できるようにする。

 ゲーム業界は、5Gが普及すればスマホなどでクラウドサービスを利用して楽しめる市場が拡大すると期待している。 東京ゲームショウは29回目。13日までは関係者向けで、一般公開は14日と15日。入場料(中学生以上)は当日2千円、小学生以下は無料。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ