高級和装をレンタル タカミホールディングスが参入

 婚礼サービス大手のタカミホールディングス(京都市下京区)は11日、訪問着のレンタル事業に参入したと発表した。これまで挙式参列者向けで限定的に貸し出していたが、挙式以外でも需要があるとみて、事業を本格化させる。

 訪問着は300着以上、帯は4200本以上の在庫を用意。着物小売市場の縮小が続く一方で、レンタル事業には参入企業も増えている。ただ、普段着に近いカジュアルな着物を取り扱う企業が多いといい、パーティーなどでも活用できる高級着物で差別化を図る。

 大阪・心斎橋の同社のサロンで商品を選んでもらい、自宅や着用する会場に発送。使用後は無料で返送できる。訪日客の需要が出れば着付けサービスも検討する。価格は帯や長襦袢、扇子など一式で5万~9万円(税別)。同社は「いろんな着物を試したいが手入れが大変との声が増えており、ニーズに応えられる」(広報)と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ