すき家、店内も持ち帰りも同一価格を発表 「牛丼並盛」税込350円で据え置き

 ゼンショーホールディングス(HD)傘下のすき家本部は3日、牛丼チェーン「すき家」での10月1日からの消費税率引き上げへの対応で、「牛丼 並盛」の税込み価格を店内飲食か持ち帰りかを問わず、現行価格の350円に据え置くと発表した。外食業界では「消費者への分かりやすさ」などを理由に、同様の動きが広がりつつある。

 外食の店内飲食は10月から消費税率が10%に引き上げられる一方、持ち帰りは軽減税率の適用で8%に据え置かれる。すき家では並盛の税抜き価格を持ち帰りの場合は現行通り325円とする一方、店内飲食では319円と実質値下げする。同社は今後、全商品の税込み価格を一本化。「他メニューで値下げ分を吸収する」と説明する。

 同社は価格統一の理由について、「消費者にとって同じ商品なのに支払額が2種類あるのは分かりにくい」と説明。ゼンショーHD傘下では、親子丼など和風ファストフードチェーン店を展開する「なか卯」でもすき家と同様、税込み価格を統一する方針だ。

 外食業界ではファストフードチェーンを中心に、店内飲食と持ち帰り商品の税込み価格を統一しようとの動きが広がっている。

 すき家のライバルとなる「松屋」を展開する松屋フーズも券売機での対応が難しいといった理由から、税込み表示のみで価格を一本化する方針を打ち出しており、9月中旬の公表に向け、牛丼など各メニューの本体価格について調整を進めているという。

 牛丼チェーン以外でも、日本ケンタッキー・フライド・チキンがオリジナルチキンについて、店内飲食と持ち帰りの税込み価格を一律に据え置く。ファミリーレストランの「サイゼリヤ」もほとんどのメニューで両方の税込み価格を現状と同額にそろえる。

 一方、牛丼チェーン大手「吉野家」は既にメニューの価格表示を税抜きに切り替えていることもあり、店内飲食と持ち帰りに異なる税率を適用。ダスキンが展開する「ミスタードーナツ」も税抜き価格を据え置き、店内飲食と持ち帰りで税込み価格が異なる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ