「静岡がリニアを遅らせているわけでない」 副知事が山梨訪問

 リニア中央新幹線が南アルプストンネル掘削に伴う大井川の流量減少をめぐって静岡県内で本格着工できていない問題で、同県の難波喬司副知事は18日、予定通り令和9年の開業を求める山梨県庁を訪れて若林一紀副知事と面会し、対応に理解を求めた。

 沿線県庁への説明は愛知、岐阜、三重に続いて4県目。面会は非公開で行われ、終了後に記者団の取材に応じた難波副知事は「JR東海の今までの説明がひどかった。静岡県が工事を遅らせているという印象を持たれるのは大変迷惑だと(山梨側に)強調した」と述べた。

 開業時期について「われわれはスピード感を持って対応しているが、遅れるからといって南アルプスの自然環境の問題をうやむやにするのは許されない」と、環境を重視するとの立場を改めて表明した。

 山梨県は「静岡県の懸念は理解した。JR東海と静岡県が課題の解決に向けて互いに真摯に話し合うことを願っている」とするコメントを発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ