ペット、再生素材を9割に コカ・コーラ、30年までに

 日本コカ・コーラは12日、令和12(2030)年までにペットボトルに使う再生素材の比率を90%にすると発表した。残りは植物由来の素材などを活用し、新たな石油由来素材の使用をゼロにする。親会社の米コカ・コーラのグローバル目標を超える水準を掲げた。

 飲料大手では、サントリーホールディングスが12年までに全てのペットボトルを再生素材と植物由来の素材で代替する目標を掲げた。キリンビバレッジは再生素材100%ペットボトル飲料を発売するなど、取り組みが広がっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ