積水化学、米航空機部品会社を買収 561億円

 積水化学工業は17日、米航空機部品メーカー「AIMエアロスペース」を買収すると発表した。「炭素繊維強化プラスチック」を使った航空機やドローンの部品を手掛けており、積水化学が目指す航空機や自動車向け販売拡大に資すると判断した。買収額は約5億1千万ドル(約561億円)で、今年後半に米ファンドから全株式を取得する。

 AIMは航空機向けの空調ダクトや内装部品、ドローンに使用される部材を製造、販売している。2018年度の売上高は1億7850万ドル(約196億円)だった。

 炭素繊維強化プラスチックは軽くて強いことから金属の代替素材として期待されていて、積水化学も力を入れている。航空機メーカーを顧客に持つAIMの買収で輸送機械関連の販路を広げる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ