「どさん子ラーメン」は今…… 急成長から衰退までの経緯と復活のシナリオに迫る

 かつて一世を風靡(ふうび)しながらも、時代の流れに抗しきれず、いつの間にか衰退していった飲食チェーンは多い。札幌みそラーメンを全国に広めた「どさん子ラーメン」もそうしたチェーンの1つだ。

 最盛期の1970年代には1200店以上を全国に展開していたという。現在は姉妹ブランド「らーめん みそ膳」(29店)、「らー麺 藤平」(9店)なども合わせれば、194店が盛業中であり、6分の1くらいにまで減ってしまった(2019年5月26日現在)。

 しかし、どさん子ラーメンは14年から始まったリブランディングプロジェクトにより再構築を目指している。海外に再進出してパリとロサンゼルスに出店するなど、次の50年を見据えた捲土重来(けんどちょうらい)を期している。

 どさん子ラーメンはどのようにして全国を制覇したのか。そして、なぜ衰えたのか。復活へのシナリオは実現可能かを調べてみた。

札幌みそラーメンを世に広めた「どさん子ラーメン」

札幌みそラーメンを世に広めた「どさん子ラーメン」

 東京でラーメン専門店は珍しかった

 どさん子ラーメンは61年、東京・墨田区八広にギョーザと中華料理の「つたや 餃子飯店」として創業。ラーメンや長崎チャンポンなどは提供していたが、みそラーメンはなかった。ギョーザのほかには「炒菜肉糸(肉やさいいため)」「炸丸子(肉だんご)」「天津会飯(かに玉丼)」などの中華メニューや、親子丼・カレーライスといった軽食を出す、どこにでもある町中華として営業していた。ラーメン1杯の値段は70円だった。

 創業者の青池保氏は商才に恵まれており、「つたや 餃子飯店」の屋号で、弟子に店の看板やメニューの使用権を認めるのれん分けを行って、数店を展開していたらしい。

 ところが青池氏は、百貨店の物産展で偶然に出合った札幌みそラーメンに魅了された。東京のしょうゆラーメンにはない新しさがあり、日本人の味覚に合ったみそ味のラーメンはヒットするだろうと考えたのだ。当時、東京ではラーメン専門店の数は少なく、個人が営む食堂や町中華がいたる所にあった。一方、北海道では札幌を中心に「みそラーメン専門店」というスタイルが確立しており、人気だった。

 青池氏は、みそラーメンなら東京でも専門店が流行する。誰もやっていないなら圧倒的に勝てると確信していた。独自に麺やスープの研究を重ねて、67年に墨田区両国に「札幌ラーメン どさん子」1号店をオープンした。

 10年後には1000店に

 東京のみならず道外でも無名の存在だった札幌みそラーメンだが、実際に食べた人からの反響はすさまじく、たった4年後の71年には全国にチェーンを拡大して500店を突破。10年後の77年には1000店に達した。

 現在、日本最大のラーメンチェーン「幸楽苑」は全国526店(19年5月26日現在)なので、どさん子ラーメンがどれだけウケにウケたのか分かるだろう。

 青池氏が成功したのは、米国のマクドナルドを見習ってFC(フランチャイズ)システムを取り入れたからだ。のれん分けでは店舗拡大に限界があると感じており、それに代わる仕組みを探していたところ、マニュアルを重視したマクドナルドの経営に着目。短期間にこれだけの巨大チェーンを構築できたのは、FC加盟店を募集して、一攫千金を夢見る独立志向のオーナーたちをその気にさせて教育し、統一されたメニューやデザインの店を効率的に展開したからだ。

 みそは北海道・岩田醸造の赤味噌を使い、ラーメン用に加工。日清製粉から粉を仕入れて中太のストレート麺をつくりだした。地域ごとに事業所を設置して、電話1本で原材料をお店に配送する仕組みを整えていたので、FCオーナーはわりと簡単に商売を始められた。素人でも2週間の講習で技術が習得できるのを売りの1つとしていた。

どさん子ラーメン葛西店の味噌ラーメン 税込608円

どさん子ラーメン葛西店の味噌ラーメン 税込608円

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ