アマゾンジャパンがファーウェイ製品直販停止

 インターネット通販のアマゾンジャパン(東京)が、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の製品の直販を停止したことが24日分かった。トランプ米政権の禁輸措置を受けた対応とみられ、ファーウェイへの逆風は一層強まりそうだ。

 アマゾンが自社で仕入れた在庫を販売する直販で、新発売のスマートフォンのほか、パソコンやタブレット端末などが購入できなくなっている。製品の説明欄には「本製品はOS(オペレーションシステム)等についての懸念が発生しています」と表示されている。

 アマゾンは「お客さまが安心して利用できるよう対応を検討している」と説明しているが、今後の販売方針などを明らかにしていない。外部の販売者がアマゾンのサイトに出品した製品は購入できる。

 ファーウェイ製品を巡っては、NTTドコモが夏に発売予定の新型スマホの予約受け付けを停止したほか、KDDI(au)とソフトバンクが24日のスマホの発売を延期した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ