JR西日本系の宿泊特化型ホテルがJR京都駅南に開業

 JR西日本グループのジェイアール西日本ホテル開発は22日、JR京都駅前に宿泊特化型の「ホテルヴィスキオ京都byGRANVIA(バイグランヴィア)」を30日に開業すると発表した。同駅八条口に立地し、地上9階建てで全423室。サウナを備えた大浴場や、京都産食材を洋風にアレンジした朝食などを出すレストランを設けた。

 同駅烏丸口で同社が運営しているフルサービス型の「ホテルグランヴィア京都」と予約窓口を一本化するなどし、国内外の観光客や、MICE(マイス)と呼ばれる国際会議・展示の誘致を目指す。また、ヴィスキオ京都の隣には、先月末にJR西グループのジェイアール西日本デイリーサービスネットもビジネスホテル「ヴィアイン京都駅八条口」を開業。JR西グループで駅周辺に計1428室を展開するスケールメリットも生かしたい考えだ。

 「ヴィスキオ」は昨年6月にJR大阪駅前に初出店した宿泊特化型の新ブランド。JR富山駅(富山市)と広島駅(広島市)でも令和4(2022)年春、7(2025)年春にそれぞれ開業を予定している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ