アークスが経営統合 宮城の伊藤チェーンと

 北海道、東北を地盤とする食品スーパーのアークス(札幌市)と、宮城県南部でスーパーを展開する伊藤チェーン(宮城県柴田町)は16日、経営統合することで合意したと発表した。アークスが株式交換で伊藤チェーンを子会社とする方式で9月1日に統合する。

 アークスは、地方都市の人口減少や競争激化に対応するため、これまでに食品スーパーユニバース(青森県八戸市)、ジョイスやベルプラス(いずれも盛岡市)と同様の方式で経営統合、アークスのインフラを共有することで経営の効率化を図っている。

 アークスは「他にも複数の企業から申し出がある」としており、消費税増税を控え、今後も業界の再編が続く可能性がある。

 札幌市内で記者会見したアークスの横山清社長は「品質や価格で大手に競争できるような協業にしていきたい」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ