「モンスト」は不調、「パズドラ」は好調 明暗分かれた決算

 スマートフォンゲーム「モンスターストライク」(モンスト)の不調で、ミクシィが正念場を迎えている。2019年3月期(18年4月~19年3月)通期連結業績は大幅な減収減益、20年3月期の業績予想は純利益が約9割減--と厳しい状況だ。一方、「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)を展開するガンホー・オンライン・エンターテイメントは、18年12月期(18年1~12月)通期連結業績は減収減益だったが、四半期ベースだと18年10~12月、19年1~3月期は増収増益に転じた。スマホゲームの二大巨頭で明暗が分かれた。

モンスターストライク(モンスト)の公式サイトより

モンスターストライク(モンスト)の公式サイトより

 明暗が分かれた2社の決算

 ミクシィの19年3月期通期の連結業績は、売上高が1440億円(前期比23.8%減)、営業利益が410億円(同43.3%減)。大きな要因は、モンストを主力とするエンターテインメント事業の減収だ。同事業は売上高が1386億円と、ミクシィ全体の9割以上を占める。

 13年10月にリリースしたモンストは、すぐさま大きな人気を獲得し、人気スマホゲームの代表格に躍り出た。だが昨今は「ゲームコンテンツがコアユーザー向けになり、ライトユーザー層の消費意欲が低迷している」(同社の決算説明資料より)。

 モンストの世界累計ユーザー数は5000万人を突破しているが、月間アクティブユーザー数(MAU)は減少傾向という。ゲームシステムが複雑化し、ライトユーザーや新規ユーザーの消費を喚起できず、売上が伸び悩んだ。

モンストの世界累計ユーザー数は5000万人を突破しているが、MAU(月間アクティブユーザー数)は減少傾向という=ミクシィの決算説明資料より

モンストの世界累計ユーザー数は5000万人を突破しているが、MAU(月間アクティブユーザー数)は減少傾向という=ミクシィの決算説明資料より

 一方、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの18年12月期(18年1~12月)通期連結業績は売上高が921億円(前年同期比0.2%減)、営業利益が265億円(同22.7%減)と減収減益だったが、直近をみると復調傾向にある。

 四半期ベースだと、18年10~12月期の売上高は303億円(前年同期比59.2%増)、営業利益が93億円(同85.0%増)。19年1~3月期連結業績は、売上高が350億円(前年同期比60.2%増)、営業利益が130億円(同101.3%増)と、2四半期連続で増収増益だった。

 要因の1つは、大規模な還元策によってパズドラの“休眠ユーザー”を掘り起こしたことだ。同社は、リリースから7周年を迎えるタイミングで「パズドラ大感謝祭」と題した施策を展開。ゲームを有利に進められる「魔法石」を数百個単位で無償配布した他、強力なキャラクターを獲得できるイベントなども開催した。

「パズドラ大感謝祭」と題して施策を展開=ガンホーの決算説明資料より

「パズドラ大感謝祭」と題して施策を展開=ガンホーの決算説明資料より

 こうした施策が奏功し、休眠ユーザーの復帰の他、新規ユーザーの獲得にも成功。18年秋ごろからMAUが大きく増加し、売り上げ増につながった。

 ミクシィとガンホー、今後の方針は?

 モンストは、友人同士が協力して遊ぶ「マルチプレイ」が人気の起爆剤になった。そこで今後は「仲間との共闘」をテーマに掲げ、ライトユーザーでも楽しめるゲーム内容に立ち返り、ユーザー全体の活性化を図る方針だ。

 ミクシィは“モンスト依存”から脱却するため、スポーツ事業にも注力。競輪車券をネット販売する「チャリロト.com」の運営会社、男子バスケットボールのB.LEAGUEに所属する「千葉ジェッツ」の運営会社を子会社化しており、モンストと同規模の収益源に育てる考えだ。

 20年3月期の業績予想は「コンサバティブな予想」にしている。売上高は1000億円(前期比30.6%減)、営業利益は50億円(同87.8%減)、純利益は30億円(同88.7%減)という見通しだ。モンストの売上高が現状のペースで悪化するという仮定のもと、“モンスト再起”の施策の効果は加味せず、固めに予想した。

ミクシィの20年3月期の業績予想は「コンサバティブな予想」=決算説明資料より

ミクシィの20年3月期の業績予想は「コンサバティブな予想」=決算説明資料より

 一方、ガンホーは、パズドラなど既存IP(知的財産)を「長期的な収益基盤」としながら、パズドラに続く新規IPの創出が課題だ。「国内ゲーム市場、特にスマホゲーム市場は成熟している」とし、「マルチプラットフォームで世界配信を見据えたゲーム開発にシフトする」という。19年12月期の業績予想は、開示していない。

パズドラは、MAU(月間アクティブユーザー数)の水準を維持できるのか=ガンホーの決算説明資料より

パズドラは、MAU(月間アクティブユーザー数)の水準を維持できるのか=ガンホーの決算説明資料より

 主力スマホゲームの方向性の違いで、明暗が分かれた両社。ミクシィは復調できるのか、ガンホーは好調を維持できるのか--。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ