対中交渉「関税は効果的」 前ゴールドマンCEO

 米中貿易摩擦をめぐり、米金融大手ゴールドマン・サックスで最高経営責任者(CEO)を務めたブランクファイン氏は15日までに「関税は交渉の道具として効果的かもしれない」とツイッターに投稿した。トランプ米政権による制裁関税を使った交渉術には米経済界でも反対が多いが、金融界の重鎮が理解を示した。

 ブランクファイン氏は理由として「米国より中国の方が貿易への依存度が大きい」と指摘。「中国企業は収益を失う。素晴らしいことではないが、取引条件を公平にするために圧力をかける過程の一部だ」と説明した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ