九電、AIスピーカーサービスの全国展開を本格化

 九州電力は9日、AIスピーカーを使ったIoTサービスの全国展開を本格化させると発表した。契約時に機器購入代金がかからない料金プランを同日から選べるほか、7万曲以上の音楽が無料で聴ける新サービスも追加した。また家電操作サービスでは米アマゾン・コムのAIスピーカーとも互換性を持たせた。

 IoTサービス「QuUn(キューン)」は、九電が自社開発したAIスピーカーと周辺機器を組み合わせ、話しかけると人気声優の声で天気予報やニュースを教えてくれたり、音声による家電操作や自宅の見守りができる。池辺和弘社長は「AIスピーカーは家庭向けサービスのゲートウェイになる」と話した。

 発表会にはお笑いコンビのメイプル超合金も登場。安藤なつさんは「好きだった人の名前をつけたい。孤独感から抜けられるものを見つけた」と話し、会場内の笑いを誘っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ