トランプ氏、FRB理事の指名断念 ピザチェーン経営のケイン氏

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は22日、米連邦準備制度理事会(FRB)理事の候補から元ピザチェーン経営のハーマン・ケイン氏を取り下げる意向を表明した。トランプ政権は同氏の理事への指名を検討したが、就任に必要な上院の承認が得られない見通しが強まっていた。

 トランプ氏はツイッターで、「私の友人、ケイン氏が理事に指名しないよう私に申し出た。彼の望みを尊重したい」と説明した。

 ケイン氏は2012年の米大統領選挙で、共和党の指名候補争いに名乗り出たが、セクハラ疑惑が浮上して撤退した。上院でのFRB理事の人事承認に向け、セクハラ疑惑などを理由に複数の共和党議員が賛成しない考えを表明していた。

 トランプ氏は、ケイン氏のほかに、米ヘリテージ財団客員研究員のスティーブン・ムーア氏を指名する意向を示している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ