トランプ氏、FRBに利下げ要求 量的緩和も

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は5日、「連邦準備制度理事会(FRB)は利下げすべきだ」と記者団に語った。国債などを購入して市場に資金を供給する量的緩和も「すぐにすべきだ」と述べ、FRBに景気浮揚策を要求。政策運営の独立性が重視される中央銀行に露骨に注文をつけた。

 トランプ氏はホワイトハウスで、「インフレは起きていない」と指摘し、FRBに政策金利を引き下げるよう求めた。

 また、量的緩和については、FRBが景気回復にともなって資金供給量の縮小を進めてきた「量的引き締め」を取りやめ、再び緩和させるよう迫った。

 トランプ氏は、FRBが昨年末まで進めた段階的な利上げ政策を批判。利上げがなければ、米国経済は一段と高い成長率を達成できたはずだとして、パウエルFRB議長に批判の矛先を向けてきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ