日米貿易「不公平状況が続いている」 トランプ大統領

 トランプ米大統領は28日、米朝首脳会談後の記者会見で、日本との通商関係について「とても不公平な状況が続いている」と不満を表明、対日貿易赤字の解消に向けて強硬姿勢で日本との交渉に臨む考えを示した。

 トランプ氏は、日本は「長年にわたって数百万台の自動車を米国に送り込んできた」と指摘。安倍晋三首相が「そうした状況を分かっている」と主張し、日本の譲歩に期待感を示した。

 日米首脳は昨年9月に新たな貿易交渉入りで合意した。3~5月に初会合が開かれる見通し。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ