IRビジネスセミナーに200社、高い関心 和歌山

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の和歌山県内誘致について、IR事業者や地元企業などが話し合うセミナーが19日、和歌山市内のホテルで開かれた。海外のIR事業者やIRへの関心が高い地元企業など約200社から関係者約300人が参加。誘致の実現性などについて活発に議論し、交流を深めた。

 IR事業者と地元企業などで交流し、IRへの理解を深めてもらおうと、中国・マカオのマーケティング会社「HOGO」の日本法人などが主催。県や和歌山商工会議所が後援した。

 セミナー冒頭では、地元企業や教育機関の関係者が、IRが県にもたらす効果について話し合った。

 登壇した和歌山大学の小田章名誉教授は「産官学民が一体となってIRを誘致することが和歌山の発展につながる」と強調。また、「湊組」(同市)の笹本昌克社長も「地元企業にとって一番の課題は人手不足。IRの誘致は和歌山の地域活性化に大きく貢献する」とIRの県内誘致に期待を込めた。

 参加したIR事業者同士によるパネルディスカッションも行われた。

 フィリピン・マニラでIRを運営する「ブルームベリーリゾーツジャパン」の桐山満啓副社長は、大阪がIR誘致の有力な候補地とされる中、和歌山の誘致の実現性について、「大阪にIRができれば和歌山にはできないというのは根拠のない噂。シンガポールではIRが2つできたことで地域の売り上げがどんどん上がっている」と指摘。「大阪と和歌山で、近畿圏の巨大なIRを日本のトップで進めていけるのが理想だ」と力を込めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ