スバル、再スタートでつまずき

 SUBARU(スバル)は28日、国内唯一の完成車工場である群馬製作所(群馬県太田市)の操業を再開した。調達している部品の一部に不具合が見つかり、今月16日から停止していた。不具合の原因究明は続けているという。

 スバルではこれまで無資格検査などの不正が相次ぎ発覚。大規模なリコール(回収・無償修理)も届け出た。品質優先の方針を表明し、今年は再スタートを切るはずだったが、出だしでつまずいた形となった。

 不具合が見つかったのは、電動パワーステアリング装置で、人気のスポーツ用多目的車(SUV)「フォレスター」や「SUBARU XV」など3車種に使用していた。スバルは16日夜に群馬製作所の操業を停止。不具合への対策を施した部品を調達し、再開の準備を進めてきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ