菅官房長官、日産・ルノーに「対話進んで提携強化を期待」

 菅義偉官房長官は25日の記者会見で、日産自動車とフランス自動車大手ルノーの提携関係について「政府としては、ルノーの新経営陣と日産の経営陣との間で対話が進み、アライアンス(提携)が維持・強化されることを期待している」と述べた。

 ルノーでは、会長兼最高経営責任者(CEO)だった日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告が事実上解任され、新経営体制が決まった。一方、筆頭株主のフランス政府はルノーと日産の経営統合を将来の方向性の一つとして望んでいるとされる。

 菅氏は「政府としては民間会社の人事やガバナンスについて述べることは控えたい」とした上で、提携の維持・強化については「関係者が十分に納得する形で議論が進むことが重要だ」と重ねて強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ