過去最大6作品、USJのアニメ・漫画イベントが18日開幕

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)は17日、アニメ・漫画が題材の期間限定イベント「ユニバーサル・クールジャパン2019」の開幕式典を開いた。イベントは18日から8月25日まで、2期に分けて実施。平成27年のスタートから5年目に当たる今年は、6作品8アトラクションを用意する。

 セレモニーには歌手・俳優の森崎ウィンさんが登場し、約300人の招待客と6作品のテーマ曲に乗せてダンスを披露。森崎さんは「日本を代表する作品に入り込めたワクワク感が止まらない」と一足早く体験したアトラクションについてアピールした。

 6月23日までの1期はUSJ初登場となる「ルパン三世」の乗り物型アトラクションや、「名探偵コナン」がテーマのレストランなど2作品5アトラクションが楽しめる。5月31日からの2期は「ゴジラ」と「エヴァンゲリオン」が初コラボする劇場型アトラクションなど4作品を投入。

 ユー・エス・ジェイの吉岡達哉プロジェクトリーダーは「世界的に知名度の高い作品を取り入れることで、USJにこれまで来たことのないファンを国内外から呼び込める」と狙いを語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ