4年ぶり「春のアイス値上げ」の真相

 3月、菓子メーカー各社がアイスの主要ブランドを一斉に値上げする。アイスの大規模な値上げは2015年以来、4年ぶりとなる。食品の値上げでは原料価格の上昇が理由としてよく挙げられる。今回も、乳原料をはじめアイスの原材料の高騰が影響しているが、実はもう少し構造的な問題も背景にあるようだ。

 雪見だいふくにジャイアントコーンも

 今回対象となるのは大手5メーカーのアイス商品。江崎グリコではパピコ、ジャイアントコーン、アイスの実などを10~50円値上げする。森永製菓はチョコモナカジャンボなどを10~20円、森永乳業ではピノやPARM(パルム)など10~30円。明治はエッセルスーパーカップなど10~50円、ロッテでは爽や雪見だいふくなどを10~50円値上げする。

 メーカー側が値上げの理由としてまず挙げるのは原材料の価格上昇だ。江崎グリコの担当者は「主原料のチョコレート、油脂、乳原料が高騰している」と説明する。段ボールなどの包材も影響しているという。

 ただ、値上げを表明している別のアイス大手の担当者は「香料など原料も確かに値上がりしているが、深刻なのが物流費の高騰」と打ち明ける。石油価格の値上がりに加え、特に運送業界の人手不足が人件費を大幅に押し上げている。

 帝国データバンクが18年10月に行った「人手不足に対する企業の動向調査」によると、運輸・倉庫業界の企業の70.6%が正社員について「不足している」と回答した。全業種中3位で、前年同月より6.9%伸びている。

 冷凍食品の運送、特に人手足りず

 加えてアイスのような冷凍食品の輸送は、特にコストがかさむ傾向にあるという。「冷凍のため身体的にもきつい労働環境で不人気な傾向にある。運輸業界でも募集が特に苦戦しており、コストもかかっているようだ」(前述のアイス大手の担当者)。

 実は、アイスと同じく凍らせて輸送する冷凍食品についても、大手各社が今春からの値上げを表明している。味の素冷凍食品は業務用商品335種類について、2~10%引き上げる。ニチレイフーズも業務用の冷凍調理食品と一部の常温食品について3~7%アップする。日本製粉は市販用、東洋水産は市販用・業務用の冷凍食品をやはり値上げする。

 値上げを表明した大手冷食メーカーの担当者は「原料高騰やエネルギーコストに加えてドライバー不足は切実。人件費は今後も上がっていく要因しかない。外国人材の登用などが進まないと厳しい」とみる。

 冷凍系の食品値上げに特に横たわる、流通費の高騰という構造的問題。一方でアイスは少子高齢化の影響を受けがちな菓子業界の中でも、順調に伸びてきたジャンルだ。日本アイスクリーム協会によると、17年度のアイス市場は初めて5000億円を突破した。ここ数年は「冬アイス」ブームを背景に、夏以外にも主に大人の女性向けの「プチリッチなスイーツ」として売れてきた。

 アイス市場の伸びに水を差すことにもなりかねない今回の一斉値上げ。特に食品の中でも菓子は嗜好品の傾向が強く、値上げの影響は受けやすいとみられ、価格や容量での勝負はますますしにくくなる。「機能性など付加価値を上げた商品で対抗していきたい」(江崎グリコの担当者)と各社は引き続き高単価なリッチ系商品を打ち出す方針だが、果たして消費者の購買意欲にどう影響するか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ