ニッスイが家庭用すり身製品全品を値上げ、紀文も

 日本水産(ニッスイ)は20日、「おさかなのソーセージ」「活ちくわ」など家庭用すり身製品と、業務用食品の出荷価格を、来年3月1日出荷分から値上げすると発表した。家庭用は全品が対象で、5~10%の値上げとなり、業務用は約3分の1の商品を3~13%値上げする。

 世界各国での食料需要の増加や異常気象、乱獲などの影響で水産物などの原材料費が高騰したことに加え、人件費、物流費の上昇などコストが上がっているためで、原材料の見直しなど、企業努力も追いつかないため、価格改定に踏み切った。

 同社の大規模な値上げは家庭用が平成26年6月以来。業務用は25年6月以来となる。

 紀文食品(東京)、紀文西日本(大阪市)も来年3月1日から魚肉練り製品などを約5~15%値上げすると発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ