日産、15万台リコールへ ブレーキなどで新たな不正

 日産自動車は7日、新車製造の最終工程「完成検査」に関する新たな不正が見つかったと発表した。ブレーキやハンドルなど安全性に直結する部品の検査で発覚し、11車種で約15万台のリコール(回収・無償修理)を13日に国土交通省に届け出る予定だ。9月の検査不正に関する最終報告書の発表後も検査不正が続いていた形で、不正を絶てぬコーポレートガバナンス(企業統治)や品質管理体制が厳しく問われそうだ。

 リコール対象は昨年11月から今年10月25日にかけて製造した小型車「ノート」や小型トラック「アトラス」など。日産の自主点検で従業員への聞き取りを行い、追浜工場(神奈川県横須賀市)とオートワークス京都(京都府宇治市)の2工場で判明したという。

 後輪ブレーキの性能検査にもかかわらず、駐車時に使うパーキングブレーキを使ったり、速度計の検査で一定の速度を維持せずに測定したりして、合否判定が不明確になった。

 日産は不正の原因として約40年前に導入した検査設備の使い勝手が悪かったことや作業手順書に禁止事項が記載されていなかった点などをあげ、偽装する意図はなかったとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ