日商会頭、ゴーン容疑者は「自らを犠牲にする倫理感欠いた」

 日本商工会議所の三村明夫会頭は4日の定例会見で、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者について、「資源を効率的に活用して会社を成長させ、(顧客や株主など)ステークホルダーに利益を分配した能力や理念では優れた経営者だった」と述べ、構造改革を断行し、日産を立て直した手腕を評価した。

 一方で、「会社を大きくする、収益が上がるだけでは従業員はついてこない。自分のことを犠牲にして会社のことを中心に考える倫理観に欠けていた」と批判。「トップが身を正しくすれば、部下たちも身を正しくする。あの人のためならと能力を発揮し、会社をよくすることができる。理念、倫理が相まってよい経営者といえる」と経営者像を語った。

 今後の日産に対しては、「新たな社風で、さらに一段上の会社として成長することを期待する」とエールを送った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ