5台に1台、ハイブリッド車は「普通の車」になった

 【経済インサイド】

 モーターとエンジンを併用するハイブリッド車(HV)の保有台数が右肩上がりで増え、国内の乗用車(軽自動車を除く)のほぼ5台に1台を占めるまでになった。エンジンによる駆動をモーターで助ける「マイルドHV」や、エンジンで発電してモーターを動かす日産自動車の「eパワー」など、多様化も進む。背景には世界的な環境規制強化があり、「特別な車」ではなくなってきたHVが電動車の普及を牽引(けんいん)する構図は、当面続きそうだ。

 自動車検査登録情報協会によると、平成29年度末のHV保有台数は、前年度末比14・8%増の751万2846台(軽自動車除く)。乗用車に占める比率は2・4ポイント上昇し、19・0%となった。

 ホンダが年内に新モデルを投入し、4年ぶりに復活させる「インサイト」は、日本のHVを象徴する存在だ。11年に初めて販売され、トヨタ自動車の「プリウス」とともにHVの創生期を支えた。26年に生産終了した前モデルは、電池などのユニットを荷室の下に搭載するため、後部座席が狭く、天井が低かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ