免震装置986件で不正 KYBが検査データ改竄 全国のマンションや病院 国交省が一斉調査

 国交省は16日、KYBの中島康輔社長にデータ改竄の原因究明と再発防止策の報告を求める指示書を渡した。中島氏は「誠に申し訳ない」と陳謝した。その後、中島氏は国交省で記者会見し「深く反省する」と述べた上で、「所有者・居住者の不安払拭を経営の最優先事項とし、安全性を検証し丁寧に説明する」と語った。KYBは不正な装置が設置された建物名を明らかにしなかったが、所有者の合意が得られれば公表する方針。

 KYBの不正を受け、国交省は免震装置メーカー88社を対象に、検査データの改竄がなかったかどうかを一斉調査する方針を明らかにした。年内に報告を求める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ