免震装置986件で不正 KYBが検査データ改竄 全国のマンションや病院 国交省が一斉調査

 東京証券取引所第1部に上場する油圧機器メーカーのKYBは16日、地震の揺れを抑える免震装置と制振装置で性能検査記録データを改竄する不正をし、全国のマンションや病院、庁舎など986件の建物に設置していたと発表した。国土交通省は、不正な装置が使われた建物が震度7程度の地震で倒壊する恐れはないとしているが、KYBは不正があった装置を交換する。一部の建物では交換の際に一時的に利用できなくなる可能性がある。

 神戸製鋼所や三菱マテリアル、日産自動車など日本を代表する企業で不正発覚が相次いでおり、日本のモノづくりへの信頼が一層揺らぎそうだ。

 KYBが不正をしていたのは油の粘性を利用して建物の揺れを少なくするオイルダンパー。免震用は過去にKYBの装置を採用した全ての建物の約86%、制振用は全体の約23%でそれぞれ不正があった。

 KYBによると、データ改竄は平成15年1月から30年9月に行われた可能性が高く、免震用の不正な装置は全都道府県の建物で、制振用は18都道府県の建物で採用されていた。

 国交省によると、免震装置の性能について、メーカー側が国の認定基準の範囲内に収まっているように検査データを改竄して出荷していた。

 少なくとも8人の検査担当者が不正にかかわったとみられ、同社は検証を進める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ