“おしゃれ卓球”ブーム到来 地味なイメージから一転、市場拡大の機運

【ビジネスの裏側】

 卓球ブームの波が押し寄せている。牽引役は五輪などで活躍する若い選手や、これまでの地味なイメージから一転、おしゃれに様変わりしたウエアだ。総合型スポーツクラブでは国内初となる卓球スクールが開講し、卓球を体験できるバーも登場、ブームを後押しする。今年10月に卓球の国内リーグである「Tリーグ」の開幕を控え、市場拡大の機運が高まっている。(田村慶子)

 市場規模拡大

 市場調査会社の矢野経済研究所(東京)によると、平成28年の国内の卓球用品市場の規模は122億5千万円。30年は前年比約8・7%増となる138億4千万円にまで拡大する見込みで、スポーツ分野別で最も高い伸びを示している。

 ミズノのコンペティションスポーツ事業部・玉山茂幸課長は市場拡大の背景を「五輪での日本代表選手の活躍に加え、シャツやシューズのデザインも良くなった。ファッション性が高まったことで、世代を問わず楽しめる卓球の良さが見直されている」と説明する。

 ミズノもウエアや用具など卓球関連商品の昨年度売上高が好調で、26年度から約1・8倍に伸びた。

 2012年開催のロンドン五輪に続き、16年のリオデジャネイロ五輪でも日本勢がメダルを獲得。スピード感や気迫のこもるプレーとともに、選手の着るユニホームも注目を集めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ