「5」への強いこだわりで急成長 ゴーゴーカレーの巧妙な戦略

 石川県金沢市近辺で愛好されていた「金沢カレー」を有名にした立役者「ゴーゴーカレー」。国内店舗数は約76店で、カレー専門店首位の「カレーハウスCoCo壱番屋」の1258店(2018年2月末現在)に大きく引き離されているものの、業界2位をキープしている。

 ゴーゴーカレーの際立った特徴は「5」という数字への徹底したこだわりだ。カレーは55の工程を経て調理し、5時間かけてじっくり煮込み、55時間かけて熟成させるのだという。

 また、1号店のオープン日は04年5月5日。会社の資本金5500万円はともかく、年商(グループ全体)55億円に至ってはネタとしか思えないが、「5」への強いこだわりが他の外食チェーンとの差別化要素になっている。

 今回は「5」にこだわるゴーゴーカレーと金沢カレーのビジネスモデルを検証したい。

ゴーゴーカレーのロースカツカレー

ゴーゴーカレーのロースカツカレー

ゴーゴーカレー新宿総本店の外観

ゴーゴーカレー新宿総本店の外観

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ