吉野家41店舗で営業中止など、地震の影響広がる

 震度6弱の地震のため、大手外食チェーンでは、一部の店舗で休業を余儀なくされている。

 吉野家ホールディングスは午前10時段階の状況を公表。牛丼の「吉野家」では大阪府枚方市を中心に41店舗が営業を中止している。避難勧告が出ているほか、食器の破損が数十店で起きているためだ。

 「ステーキのどん」などのファミリーレストランでは、店舗被害はないものの、11時の開店に従業員が出勤できるかが不明で、営業するかどうか未定の店舗も多い。

 サイゼリヤも状況を調査中だが、電気、ガスなどのライフラインが不全のため、数店で今日の営業を開始できていない。

 牛丼の「松屋」を展開する松屋フーズでは、休業店舗は現在はない。だが、鉄道各社が運転見合わせをしており、社員やアルバイトが出勤できない可能性も出ており、状況によっては休業することもあるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ