「タダでも欲しくない」不動産が日本中で増え続けている

 日本の大半のエリアでは不動産の「無価値化」。そして、ごくごく限られた場所では狂乱の「局地バブル」。この国の不動産市場はやや不健全だ。それは日本人が「一所懸命」というDNAの呪縛を脱する、産みの苦しみなのかもしれない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ