バンダイナムコ、過去最高の業績の裏で 姿を消した「妖怪ウォッチ」

 バンダイナムコホールディングスは5月9日、2018年3月期(17年度)の決算を発表した。売上高6783億円(前期比9.4%増)、営業利益750億円(18.6%増)、純利益541億円(22.5%増)と過去最高の業績となった。その裏で、IP(知的財産)別売上高のリストから、14~15年度に同社の業績をけん引してきた「妖怪ウォッチ」が姿を消した。

バンダイナムコホールディングスの17年度決算

バンダイナムコホールディングスの17年度決算

IP別売上高リスト

IP別売上高リスト

 社会現象となるほどのブームを巻き起こした「妖怪ウォッチ」IP。グループ全体のIP別売上高では、14年度は552億円、15年度は320億円と、「機動戦士ガンダム」IPに次ぐ2位に付いていた。しかし16年度には93億円と急落。17年度は通期で60億円を見込んでいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ