最後の「ランエボ」爆売れ! 国内外から“復活”望む声…EVで再登場の現実味

「ランエボ」最後のモデルとなる特別仕様車「ランサーエボリューション ファイナルエディション」

「ランエボ」最後のモデルとなる特別仕様車「ランサーエボリューション ファイナルエディション」

【経済インサイド】

 23年間の歴史に幕を下ろす三菱自動車の高性能四輪駆動(4WD)セダン「ランサーエボリューション」。その最後の“ランエボ”となる特別仕様車「ファイナルエディション」が、4月の予約受付開始発表から1カ月超でほぼ売り切れる人気となっている。一世を風靡したスポーツセダンとして、根強い人気をあらためて証明した格好で、生産終了を惜しむ声は社内外から高まっており、電気自動車(EV)として“復活”するとの見方も現実味を増している。

 世界で勝つために誕生

 ファイナルエディションは現行の「X(10)」をベースにエンジンを改良。最高出力は300馬力超で、国産車トップクラスとなる。

 販売価格は429万8400円。実車はないが、日本のほか、米国などからも予約があり、限定の1000台は「大部分が埋まった」(同社)という。

 他社から「台数をもっと多めに設定しておけばよかったのに」との声が聞かれるほど、ランエボファンの多さを浮き彫りにした。

 平成4年に初代が発売されたランエボは、まさに世界ラリー選手権(WRC)で勝つために生まれたモデルといえる。

次ページそこで小さくて軽い「ランサー」に、ギャランの…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ