【経済裏読み】コカ・コーラ業績悪化、大株主も怒り…「緑のコーラ」で挽回なるか

 米清涼飲料大手コカ・コーラが揺れている。健康志向で看板商品のコーラが低迷し、直近の決算では大幅減益となるなど業績が悪化。従業員の高額報酬が著名投資家のウォーレン・バフェット氏ら大株主からやり玉に挙げられている。危機感を強めるコカ・コーラは、植物由来の“緑のコーラ”の開発など商品戦略の見直しや、リストラの加速に乗り出したが、改革は待ったなしだ。

◆怒る投資家

 米投資会社バークシャー・ハサウェイを率いるバフェット氏。ウォール街を嫌い、故郷のネブラスカ州オマハに拠点を構えて世界経済を鋭く洞察する姿は「オマハの賢人」と称され、日本にもファンが多い。

 そのバフェット氏が、「米国を代表する企業ブランド」とひときわ高く評価するのがコカ・コーラで、バークシャーはコカ・コーラ株の約9%を保有する筆頭株主だ。バフェット氏本人も子供の頃から大の「コーク好き」で、ハムサンドイッチと一緒に食べるのがお気に入りだとか。

 それほどコークを愛してやまないバフェット氏が、同社にかみついた。理由は、コカ・コーラの「並外れた」従業員への報酬体系。たとえばストックオプション(自社株購入権)だけでも、2011~13年の平均で、同社の発行済み株式の1・3%に達し、バフェット氏は「幹部に法外の報酬をもたらす『宝くじ』だ」と批判した。

 やはりコカ・コーラの大株主である米投資会社のウィンターグリーン・アドバイザーズも今年3月、他の株主と共同でコカ・コーラ経営陣に公開書簡を送り、報酬の見直しを迫った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ