【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村獅童(48)歌舞伎座で主役 特別な思い

 ■歌舞伎座で主役 特別な思い

 《昨年11月、古典歌舞伎「義経千本桜・四の切」で佐藤忠信(ただのぶ)と源九郎狐(げんくろうぎつね)を演じ、48歳にして初めて東京・歌舞伎座で古典の主役を勤めた》

 コロナ禍で大変な時期にもかかわらず、無事に千穐楽(せんしゅうらく)を迎えられたことに特別な思いがあります。なんと言っても、以前お話しした通り、僕は19歳のときに、ある歌舞伎関係者から「歌舞伎座で主役をとるのは難しいと思いますよ」と言われていますからね。

 今回、主役を演じる上で、「平成中村座」の試演会(平成13年、東京・浅草)で、勘三郎の兄さん(五代目中村勘九郎でのちの十八代目勘三郎、24年死去)から教わったこと、パッションとか、破れかぶれになる気持ちとか思い出しましたね。試演会後に、勘三郎の兄さんが「きょうのお前は型とかじゃなくて、感情とか気持ちでやっていた。俺にはできないよ。俺は負けたね」とまで言ってくれたんです。

 ところが、また舞台稽古になると「ダメだね」「まずいね」「できないね」って。「うまくやろうとか、型をどうしようとかでやろうとしているんでしょう。型なんか、いいんだよ。君のいちばん良いところはハートを出せるところ。型とかを考えてハートを出せなかったら、良いところは一つもないよ」と言われました。当時の台本を久しぶりに開いたら、言われたこととか忘れないように全部書き留めてあるんですよね。勘三郎の兄さんから教わったのは、とにかくパッションとハート。本質的でいちばん大切な部分を教えてくださったと思います。教え方も感覚的で、パッションそのものでしたけれどね。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ