【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村鴈治郎(62)(8)暗中模索の20代に…

 《両親の学業優先の考え方で、中学、高校時代は歌舞伎の舞台に出演せず、三味線などの習い事もしてこなかったという鴈治郎さん。厳しい試練が訪れたのは18歳のときだった》

 大学に入って、「じゃあ、やってみるか」という感じで歌舞伎の舞台に出ることになったのです。忘れもしません。東京の三越劇場の若手歌舞伎。ところが本当に何もできない。稽古の仕方すらわからなかったのです。これは大変なことになったと、がくぜんとしました。

 《そのときの演目が「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ) 稲瀬川勢揃(いなせがわせいぞろい)」。鴈治郎さん(当時、中村智太郎)の役どころは赤星十三郎で、弁天小僧は、十代目坂東三津五郎(みつごろう)さんと市村萬次郎さんのダブルキャストだった》

 その公演で同世代の人たちとの差をものすごく実感したんです。これではだめだと思って、自主的に三味線や鳴物(なりもの)のお稽古に通うようになりました。なにしろ、いただくお役、すべて初役ばかりなんです。あるとき、「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」に出演することになったのですが、このお芝居は歌舞伎を代表する人気演目ですから、歌舞伎俳優ならどんな役でもすぐできないといけないといわれるほどのものです。それなのに私は見たこともなかったのですから、できるわけがない。私の20代は暗中模索の時代でした。

 そんなとき、叱りながらも丁寧に指導してくださったのが三津五郎さん。落ち込んでいるときに慰めてくださったのが(十八代目中村)勘三郎さんでした。おふたりがいなかったらどうなっていたかわからないですね。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ